千徳 明日香 SENTOKU, Asuka


2013年 学位授与

■研究テーマ
古生物学・分子生物学・
形態解析・六射サンゴ


■研究内容

多様な成長形態を有する六射サンゴのキサンゴ科を用い,出芽による群体形態の形成様式の解明を行っています.その結果,多様な成長形態は,出芽部位,方向隔壁の方向性,出芽傾斜などの内因的な規則性に支配されながらも,個体の大きさ,出芽の間隔,群体内の個体数,側枝の長さ,側枝角度などのわずかなパラメーターの変化で生じることが明らかになりました(Sentoku & Ezaki, 2012a-d).現在はさらにキサンゴ科の形体がどのような進化過程で生み出されたのかを明らかにするため,分子系統解析や祖先形質解析を行っています.

■免許・資格


学芸員資格,高校教員免許(理科),潜水士免許,スクーバライセンス


■個人HP (最新の情報はこちらを参照ください↓)

Asuka SENTOKU HP 「Coral Time」↓click!

個人ブログ『coral time』↓click!

■論文

査読あり
1) A. Sentoku and Y. Ezaki (2012a) Constraints on the formation of colonies of the extant azooxanthellate scleractinian coral Dendrophyllia arbuscula. Lethaia. vol. 45, p.62-70.


2) A. Sentoku and Y. Ezaki (2012b) Regularity in budding mode and resultant growth morphology of the azooxanthellate colonial scleractinian Tubastraea coccinea. Coral reefs. vol. 31, p.67-74.


3) A. Sentoku and Y. Ezaki (2012c) Regularity and polarity in budding of the azooxanthellate colonial scleractinian Dendrophyllia ehrenbergiana: Consequences of radio-bilateral symmetry of the scleractinian body plan. Lethaia. vol. 45, p.586-593.


4) A. Sentoku and Y. Ezaki (2012d) Regularity in budding mode and resultant growth morphology of the azooxanthellate colonial scleractinian Cyathelia axillaris: effective and adaptive ways of utilizing habitat resources. Paleontological Research. vol. 16, no. 3, p. 252-259.日本古生物学会論文賞受賞

5A. Sentoku and Y. Ezaki (2013) Intrinsic constraints on sympodial growth morphologies of azooxanthellate scleractinian coral Dendrophyllia. Plos One.8(5): e63790. doi:10.1371/journal.pone.0063790


6) A. Sentoku,H. Morisaki,S. Masumoto, R. Ohno, T. Tomiyama,and Y. Ezaki (2015). Internal skeletal analysis of the colonial azooxanthellate scleractinian Dendrophyllia cribrosa using microfocus X-ray CT images: underlying basis for itsrigid and highly adaptive colony structure. (Journal of Structural Biology vol. 189, Issue 1, p 37–43)

7)R. OHNO, A. SENTOKU, S. MASUMOTO, and Y. EZAKI. Morphological variability in azooxanthellate scleractinian dendrophylliids governed by regular modes of asexual reproduction: A computer simulation approach. (Paleontological Research; in press) NEW! 

8) A. Sentoku, M. Ishibashi, S. Masumoto, R. Ohno, T.Tomiyama, H. Machiyama, O. Tadai, and Y. Ezaki. Regular budding modes in zooxanthellate colonial Turbinaria peltata (Order: Scleractinia) revealed by X-ray CT imaging and three dimensional reconstruction. (Journal of Morphology; in press)NEW! 

9)大野理恵,千徳明日香,升本眞二,江﨑洋一.非造礁性群体六射サンゴの形態形成のモデリングと成長シミュレーション

Modelling and simulation of morphogenesis in colonial azooxanthellate scleractinians(投稿中;情報地質)NEW! 




■報告書 ・記事など

1) 千徳明日香 (2013) 非造礁性群体六射サンゴCyathelia axillaris (フタリビワガライシ)の出芽の規則性と成長形態生息環境に即した効率的な成長様式.化石.93 

2) 千徳明日香 (2013) 温帯域サンゴ群落における非造礁性キサンゴ科サンゴの適応様式,黒潮生物研究財団研究助成研究成果報告書,()黒潮生物研究財団.

■招待講演

1)千徳明日香・江崎洋一.イシサンゴ目キサンゴ科の出芽による群体形成様式の規則性と変異性.東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会.バイオミネラリゼーションと石灰化 -遺伝子から地球環境まで-.千葉,2013年4月.

2)千徳明日香・江﨑洋一.キサンゴ科六射サンゴの出芽による無性増殖様式と群体形成.日本サンゴ礁学会第16回大会,沖縄,2013年12月.


3)千徳明日香.サンゴのかたち.平成26年度鳥取県立博物館企画展胸キュン☆サンゴ展特別シンポジウム「あなたの知らないステキなサンゴ~サンゴ研究の最前線~」2014年8月31日.鳥取県立博物館.



■学会発表(国際学会)査読有
口頭発表

1) A. Sentoku and Y. Ezaki, Speciality and generality of budding mode and growth in azooxanthellate colonial scleractinian coral Cyathelia axillaris, 11th Symposium of the International Association for the Study of Fossil Cnidaria and Porifera, Liège, Belgium, August 2011.


2) A. Sentoku and Y. Ezaki, Structural constraints on sympodial growth morphologies of azooxanthellate scleractinians of the genus Dendrophyllia, 34th International Geological Congress, Brisbane, Australia, August 2012.

3) R. Ohno, A. Sentoku, S. Masumoto, and Y. Ezaki, Underlying mechanisms of growth unique to the colonial scleractinian coral Dendrophyllia cribrosa: A computer modelling approach, 34th International Geological Congress, Brisbane, Australia, August 2012.

ポスター発表
4) A. Sentoku and Y. Ezaki, Modes of increase by means of budding and resultant colony formation in Scleractinia Dendrophyllia, 2012 Association for the Sciences of Limnology and Oceanography Aquatic Sciences Meeting, Lake Biwa, Otsu, Japan, July 2012.

■学会発表(国内学会)査読有
口頭発表

1) 江﨑洋一・徳田悠希・千徳明日香,サンゴにおける生き延びるための無性増殖-骨格記録からの古生物的な洞察-.日本古生物学会2009年年会・総会.千葉.20096月.


2) 千徳明日香・江﨑洋一,非造礁性群体六射サンゴDendrophyllia ehrenbergiana の出芽の規則性と極性,日本古生物学会159回例会,滋賀,20101月.

3) 千徳明日香・江﨑洋一,非造礁性群体六射サンゴDendrophyllia boschmai で認められる規則性と成長形態,日本古生物学会2010年年会・総会,筑波,20106月.

4) 石橋正嗣・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一・町山 栄章・富山 隆將・多田井 修,X線CT画像を用いたスリバチサンゴ骨格の3次元モデリング,情報地質学会,金沢,20116月.

5) 大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一,非造礁性群体六射サンゴのシミュレーションによるモデリング,情報地質学会,金沢,20116月.

 6) 千徳明日香・江﨑洋一,キサンゴ科非造礁性六射サンゴにおける出芽による無性増殖様式と群体形成,日本古生物学会2011年年会・総会,金沢,20117月.

 7) 千徳 明日香・後藤 慎介・江﨑 洋一,キサンゴ科六射サンゴの分子系統解析 -マクロ形態との比較-,日本古生物学会第161回例会,群馬,20121.

8)千徳明日香・江﨑洋一・後藤慎介・徳田悠希 : キサンゴ科六射サンゴの分子系統解析に基づく祖先形質の復元.日本古生物学会 2013 年年会 ・ 総会.熊本.2013年6月.

9)江﨑洋一・千徳明日香・後藤慎介・徳田悠希 : 単体六射サンゴでBalanophyllia ponderosaでみられる出芽様式‐即時的な生活史戦略‐.日本古生物学会 2013 年年会 ・ 総会.熊本.2013年6月.

10)大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一 : 非造礁性群体六射サンゴにおける各個体のテリトリーの評価.日本古生物学会 2013 年年会 ・ 総会.熊本.2013年6月.

11)千徳明日香・江﨑洋一:オノミチキサンゴで認められる出芽の極性と螺旋構造.日本動物学会 第84回 岡山大会.岡山.2013年9月.

12)大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一 キサンゴ科群体サンゴにおける個体間干渉 ‐テリトリーによる検証・続報‐.日本古生物学会第163回例会,兵庫県,2014年1月.

13)岡西政典・千徳明日香・三井翔太・石田吉明・藤田敏彦.日本国内より初めて産出したツルクモヒトデ目(クモヒトデ綱)の骨片化石.日本古生物学会2014年年会・総会,福岡.2014年6月.

14)千徳明日香・徳田悠希・江﨑洋一.非造礁性群体六射サンゴ Dendrophyllia cribrosaでの大型群体の形成日本古生物学会2014年年会・総会,福岡.2014年6月.




ポスター発表(査読有り)
1) 千徳明日香・江﨑洋一,非造礁性群体六射サンゴの成長規則性-出芽の様式-.日本古生物学会2008年年会・総会.仙台.2008年7月.(優秀ポスター賞受賞

2) 千徳明日香・江﨑洋一,非造礁性群体六射サンゴCyathelia axillarisで認められる出芽様式と成長の特殊性・一般性.日本古生物学会158回例会.沖縄.2009年1月.

3) 千徳明日香・江﨑洋一,非造礁性群体六射サンゴTubastraea coccineaの出芽で認められる規則性と成長形態.日本古生物学会2009年年会・総会.千葉.2009年6月.

4) 千徳明日香・江﨑洋一・徳田悠希,非造礁性群体六射サンゴDendrophyllia cribrosaで認められる出芽の規則性と成長形態,日本古生物学会160回例会,高知,2011年1月.

5) 大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一,シミュレーションを用いた非造礁性群体六射サンゴの形態解析,日本古生物学会2011年年会・総会,金沢,2011年7月.

6) 石橋正嗣・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一・町山 栄章・富山 隆將・多田井 修,X線CT画像を用いたスリバチサンゴ骨格の3次元モデルから認められる出芽の規則性,日本古生物学会2011年年会・総会,金沢,2011年7月.

7) 徳田悠希・江﨑洋一・千徳明日香・三木貴司.非造礁性六射サンゴが示す特異な隔壁配列とその成因. 日本古生物学会2011年年会・総会.金沢.2011年7月.

8) 大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一.群体サンゴDendrophyllia cribrosaが示す特異な成長形態の特殊な背景‐モデリングによる検討-,日本古生物学会第161回例会,群馬,2012年1月.

 9) 千徳 明日香・後藤 慎介・江﨑 洋一,徳田 悠希, 非造礁性六射サンゴにおける出芽による無性増殖様式と群体形成.日本地質学会第119回学術大会.大阪.2012年9月.(優秀ポスター賞受賞)

10) 大野理恵・千徳明日香・升本眞二・江﨑洋一.キサンゴ科非造礁性群体サンゴの形態形成モデリングとその群体形態の評価,日本古生物学会第162回例会,神奈川,2012年1月.

11)千徳明日香・森嵜仁美・大野理恵・江崎洋一・升本眞二・富山隆將 マイクロフォーカスX線CT画像を用いたサンゴ骨格癒合部の内部構造の解析.日本古生物学会第163回例会,兵庫県,2014年1月.

12) 岡西政典・千徳明日香・藤田敏彦.ツルクモヒトデ目(棘皮動物門,クモヒトデ綱)の分子系統解析と骨片の形態に基づく新分類体系.日本古生物学会第163回例会,兵庫県,2014年1月.(優秀ポスター賞受賞)


■所属学会
日本古生物学会,日本動物学会,日本地質学会,ASLO

■教育活動

1) 高校臨海実習 (7/21(日)20:00~22:00)
豊中高校(SSH)講義:『サンゴの生物学』

2)京都大学白浜水族館解説ツアー(2013年8月)
夏休み中、水族館の生きものについての「研究者と飼育係のこだわり解説ツアー」と水族館裏側の飼育設備についての「バックヤードツアー」を担当しました.私のこだわり解説ツアーのテーマは「サンゴってどんな生き物?」です.

3) 日本動物学会第84回岡山大会.動物学ひろば(2013年9月28日)
宮﨑勝己・千徳明日香・岡西政典・小泉智弘・望月佑一・朝倉彰.『南紀白浜の海の生きものたち』(下記イラスト及び当日解説担当)

4) 龍谷大学政策学部環境サイエンスコース, 環境フィールドワーク白浜臨海実習(at 京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所, 2014年4月4日~7日) 計画立案,全日程講師



表彰そのほかの特記事項


1) 千徳明日香・江崎洋一,非造礁性群体六射サンゴの成長規則性-出芽の様式-.日本古生物学会2008年年会・総会.仙台.2008年7月.優秀ポスター賞受賞

2) 千徳明日香.(独)日本学生支援機構.平成22年度特に優れた業績による返還免除の認定(半額免除

3) 千徳 明日香・後藤 慎介・江崎 洋一,徳田 悠希, 非造礁性六射サンゴにおける出芽による無性増殖様式と群体形成.日本地質学会第119回学術大会.大阪.2012年9月.優秀ポスター賞

4) )A. Sentoku and Y. Ezaki (2012d) Regularity in budding mode and resultant growth morphology of the azooxanthellate colonial scleractinian Cyathelia axillaris: effective and adaptive ways of utilizing habitat resources. Paleontological Research. vol. 16, no. 3, p. 252-259. 日本古生物学会2012年度論文賞

5) 千徳明日香.(財)黒潮生物研究財団 研究助成 (2012年4月‐2013年3月)

6) 千徳明日香.(独)日本学生支援機構.平成24年度特に優れた業績による返還免除の認定(全額免除

7)岡西政典・千徳明日香・藤田敏彦.ツルクモヒトデ目(棘皮動物門,クモヒトデ綱)の分子系統解析と骨片の形態に基づく新分類体系.日本古生物学会第163回例会,兵庫県,2014年1月.優秀ポスター賞受賞