諏訪 僚太 SUWA, Ryota

2014年3月をもって日本学術振興会特別研究員を終了

2014年4月より「公益財団法人 海洋生物環境研究所」契約研究員





English page is here.

研究テーマ

環境変動に対する海洋生物の応答についての生理生態学的研究

研究内容

 人間活動に起因する海洋生態系への環境ストレスはローカルからグローバルなものまで、多様なスケールに亘って存在しています。私は特に、影響が大きいグローバルな環境ストレスが海洋生物に与える影響について、様々な分野の研究者と連携をしながら研究を進めています。

私の研究の目的は大きく二つに分けられます。1つ目は環境ストレスが生物に与える影響を定量化することでその存在を明らかとし、研究への関心や環境対策の必要性、社会的認知度を高めること、2つ目は影響が生じる機序を明らかにすることで海洋生物とストレス要因との関係の裏付けを行い、予測や観測、環境対策を後押しすることです。

 私は今まで、造礁サンゴ類や海綿類と共生藻の共生関係に異常高海水温が及ぼす影響や、造礁サンゴ類やウニ類、ナマコ類の発生に海洋酸性化が及ぼす影響についてフィールドワークや生理学的手法、分子生物学的手法を用いた研究を行ってきました。現在は、主に海洋酸性化が生物に及ぼす影響について室内実験を通して様々な研究を行っています。

 海洋酸性化は人間社会から排出される二酸化炭素(CO2)が海洋に溶け込むことで酸性化を引き起こす現象であり、西暦1800年代の産業革命以降その進行は早くなる一方です。海洋酸性化に対する個体や生態系の応答について調べることは、生物学上の新発見を得ると共に、CO2増加関連の環境問題対策に必要な情報を提供し、CO2排出の削減や社会の意識改革に繋がると考えています。

経歴

国立大学法人琉球大学理学部海洋自然科学科卒業
国立大学法人琉球大学大学院理工学研究科海洋環境学専攻卒業 2008年理学博士号取得 
国立大学法人琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設 特別研究員(2008年4月~2009年3月)
国立大学法人京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所 特別研究員(2009年4月~2011年3月)
国立大学法人京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所 日本学術振興会特別研究員PD(2011年4月~現在)

論文

[査読有り]
Ryota Suwa and Michio Hidaka (2006) Mechanism of zooxanthellae expulsion by corals: exposure to high temperature in darkness induces expulsion of zooxanthellae by coral hosts, The proceedings of 10th international coral reef symposium, Japanese coral reef society, pp 267-273

Christine H. L. Schönberg and Ryota Suwa (2007) Why bioeroding sponges are better hosts for symbiotic dinoflagellates than many corals, The proceedings of 7th international sponge symposium, Museu Nacional de Rio de Janiero, pp 569-580

Ryota Suwa, Mamiko Hirose, Michio Hidaka (2008) Seasonal fluctuation in zooxanthella composition and photophysiology in the corals Pavona divaricata andP. decussata in Okinawa, Marine Ecology Progress Series, Inter-Research, 361, pp 129-137

Christine H. L. Schönberg, Ryota Suwa, Michio Hidaka and William K. W. Loh (2008) Sponge and coral zooxanthellae in heat and light: preliminary results of photochemical efficiency monitored with pulse amplitude modulated fluorometry, Marine Ecology, Blackwell, 29, pp 247-258

Morita Masaya*, Ryota Suwa*, Akira Iguchi, Masako Nakamura, Kazuaki Shimada, Kazuhiko Sakai, Atsushi Suzuki (2009) Ocean acidification reduces sperm flagellar motility in broadcast spawning reef invertebrates, Zygote, Cambridge journals, 18, pp 103-107 (*These authors contributed equally to this work.)

Ryota Suwa, Masako Nakamura, Masaya Morita, Kazuaki Shimada, Akira Iguchi, Kazuhiko Sakai, Atsushi Suzuki (2010) Effects of acidified seawater on early life stages of scleractinian corals (Genus Acropora),  Fisheries Science, Springer, 76, pp 93-99

Mayuri Inoue, Ryota Suwa, Atsushi Suzuki, Kazuhiko Sakai and Hodaka Kawahata (2011) Effects of seawater pH on growth and skeletal U/Ca ratios ofAcropora digitifera coral polyps, Geophysical Research Letters, 38, doi:10.1029/2011GL047786

Ryota Suwa, Yukihiro Nojiri, Tsuneo Ono, Yoshihisa Shirayama (2013) Effects of low pCO2 conditions on sea urchin larval size. Marine Ecology, 34, pp 443-450

総説論文

[査読有り]
諏訪僚太・井口亮 (2008) 造礁サンゴに共生する褐虫藻の分子系統学的研究に関するレビュー(北西太平洋を中心に)日本サンゴ礁学会誌日本サンゴ礁学会, 10, pp 13-23

諏訪僚太・中村崇・井口亮・中村雅子・守田昌哉・加藤亜記・藤田和彦・井上麻夕里・酒井一彦・鈴木淳・小池勲夫・白山義久・野尻幸宏 (2010) 海洋酸性化がサンゴ礁域の石灰化生物に及ぼす影響海の研究日本海洋学会, 19, pp 21-40

[査読無し]
諏訪僚太 (2010) 海洋酸性化とサンゴ礁域の生物, Lagoon, 環境省国際サンゴ礁研究モニタリングセンター, 14, pp 7-9

学会発表(抜粋)

[国際学会における口頭発表]
Ryota SuwaSeasonal fluctuation in zooxanthella composition and photo-physiology in the corals Pavona divaricata and P. decussata in Okinawa5th International meeting on reproductive biology of aquatic animals of the east China sea, Korea, Sep, 2008

Ryota Suwa and Yoshihisa ShirayamaEffects of diurnal pCO2 fluctuation on sea urchin larvae: a preliminary report, ICES/PICES International symposium on "Climate change effects on fish and fisheries"W2-6361JapanApr, 2010

[国際学会におけるポスター発表]
Ryota Suwa, Atushi Suzuki, Michio HidakaMechanism of zooxanthellae expulsion by corals: exposure to high temperature in darkness induces expulsion of zooxanthellae by coral hosts10th international coral reef symposiumP-50Japan,Jun, 2004

Ryota Suwa, Mamiko Hirose, Michio HidakaStress tolerance and zooxanthella genotypes of Pavona divaricata and P. decussata, University of the Ryukyus International symposium of 21st Century COE Program, JapanPG-13Mar, 2005

Ryota Suwa, Mamiko Hirose, Michio HidakaStress tolerance and zooxanthella genotypes of Pavona divaricata and P. decussataAustralian coral reef society 81st annual conferenceAustraliaAug, 2005

Ryota Suwa, Mamiko Hirose, Michio HidakaDivergent fluctuations in physiological characteristics and zooxanthella genotypes in the two species of genus Pavona from Okinawa21st pacific science congressP1-8-4JapanJun, 2007

Ryota Suwa, Mamiko Hirose, Michio HidakaGrowth rate, survivorship and stress tolerance in primary polyps of Acropora digitifera infected with zooxanthellae of different genotypes11th international coral reef symposium P-5.87Florida, USA,Jul, 2008

Ryota Suwa, Masako Nakamura, Akira Iguchi, Masaya Morita, Kazuaki, Shimada, Kazuhiko Sakai, Atsushi SuzukiEffects of increased CO2 on early stages of scleractinian corals (Genus Acropora): implication for the risk of decreasing coral survival in high CO2 worldJapan-France workshop on responses of marine ecosystems to ocean acidification and changes in environmental conditionsJapanNov, 2008

Ryota Suwa and Yoshihisa ShirayamaEffects of pCO2 changes on sea urchin larvae, NaGISA Western Pacific Marine Biodiversity Conference, Japan, Oct, 2010

Ryota Suwa, Mayuri Inoue, Yoshihisa Shirayama, Effects of future pCO2conditions on the growth of juvenile corals, IPCC WG II / WG I Workshop on Impacts of Ocean Acidification on Marine Biology and Ecosystems, Japan, Jan, 2011

Ryota Suwa, Tomoyuki Nakano, Yukihiro Nojiri, Tsuneo Ono, Yoshihisa Shirayama, Effects of low pCO2 conditions on sea urchin larval size, Third Symposium on The Ocean in a High-CO2 World, CA, USA, Sep, 2012


教育経験
龍谷大学政策学部環境サイエンスコース環境フィールドワーク白浜臨海実習(at 京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所, 201244~7日) 計画立案,全日程講師

龍谷大学政策学部環境サイエンスコース環境フィールドワーク白浜臨海実習at 京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所, 201341~4日) 計画立案,全日程講師

表彰

[ポスター賞]
COP10サイドイベント国際シンポジウム“NaGISA Western Pacific Marine Biodiversity Conference”(開催地:愛知県名古屋市、開催年月:201010月)Best poster award受賞,受賞題目:Effects of pCO2 changes on sea urchin larvae

招待講演

[国際シンポジウムにおける招待講演]
The Toyo University 125th Anniversary Symposium “Interdisciplinary Scientific Intelligence in Water, Marine, and Global Environments: Your Own Enlightening on the Giant's Shoulders”2013316日及び19群馬県板倉町東洋大学板倉キャンパス及び東京都文京区東洋大学白山キャンパス発表タイトル:“Effects of Ocean Acidification on Marine Invertebrates”

その他特記事項

[国内シンポジウムの開催(主催のもの)]
日本サンゴ礁学会第12回大会シンポジウム「二酸化炭素増加がサンゴ礁域の海洋生物に及す影響-分子から生理生態まで-」(20091128沖縄県本部町立中央公民館大ホール

[新聞取材協力]
CO2放出増海が酸性化生態系に打撃朝日新聞(200959朝刊)

CO2が海を脅かす:精子の運動大幅に低下共同通信社(200911月以降に紀伊民報大分合同新聞社中国新聞社など複数の新聞社により掲載)

酸性化 サンゴ育たぬ海朝日新聞(201021朝刊)

海の酸性化 サンゴや貝の生育に悪影響も朝日新聞(2013316朝刊)

[テレビ取材協力]
特集 広がる海洋酸性化の脅威, NHK BS1 ワールドWaveトゥナイト(2012127日放送)

所属学会

日本環境毒性学会,日本サンゴ礁学会